バイアグラと上手に付き合う方法

ED治療薬バイアグラの実態

バイアグラの歴史

バイアグラ

ED治療薬というカテゴリーをつくったバイアグラ、登場したのは1998年で、アメリカのファイザー社が開発を行いました。

もともと狭心症の治療薬としての研究から始まったバイアグラですが、狭心症の治験結果は思わしくなく開発をあきらめかけたところ副作用として男性器の勃起を促す効果がわかったことで、その後初めてのED治療薬としての研究をスタートさせました。

日本では翌年の1999年に認可され、20年近く経った現在でもED治療薬としてに認知度は一番高く、2014年には日本製バイアグラジェネリックも登場しており益々日本の医療現場ではバイアグラの使用が増えてきております。

バイアグラの効果

バイアグラには「25㎎」「50㎎」「100㎎」と3種類の容量があり、日本で正式に許可されているバイアグラは「25㎎」「50㎎」の2種類となっており、バイアグラジェネリックも同じ容量の物が揃っています。

数字が大きいほど有効成分の含量が多く強く長く勃起を促します。

一番作用効果の強い「100㎎」は世界では認可されておりますが、日本ではまだされておりません。

バイアグラの主要成分はシルデナフィルで主な効果は勃起の邪魔をする酵素PDE5の働きを抑えてくれます。

PDE5は勃起を邪魔する酵素で、この酵素が血管を縮小させ血流を促進させる物質を分解してしまうことで血管が拡張せず勃起に至らなくなってしまいます。

そのためシルデナフィルはPDE5の働きを抑制させることで、血管の拡張と血流促進を促し勃起に導くことが可能となります。

バイアグラの服用方法

バイアグラは水やぬるま湯などで服用します。

噛み砕いて服用しても効果は変わりません。

服用後30分~1時間ほどでお酒を飲んだ時のような感じの副作用を感じます。

これは血管を拡張させることにより起こる症状でほとんどの方にみられる症状です。

この副作用を効果が発揮された合図だと思ってください。

性行為を受けることで初めて勃起しますので何もなければ勃起はしません。

勃起の持続時間は「50㎎」で5時間ほど持続しますので性行為を行うには十分な時間となります。

最高血中濃度は1時間後となっており、効果を発揮した直後となります。

即効性があるため服用のタイミングが計りやすいのも良いのがバイアグラです。

1日の服用回数は1回とし、次の服用までには必ず24時間以上間隔を空けて服用するようにしましょう。

ページのトップへ戻る