バイアグラと上手に付き合う方法

日本とは特許が違う世界の医薬品

ジェネリック大国インド

インド

インドはジェネリック大国と呼ばれるほど沢山の医薬品のジェネリック医薬品が存在しており、なかでもED治療薬はインドの製薬会社の産業を支えるぐらい、大規模な売り上げがあります。

それはインドの医薬品特許が2005年の法改正をされるまで日本や世界と違ったためです。

インドでは成分に対する物質特許が認められていなかったため、違う製法で薬剤を製造すれば同じ有効成分を使用して薬剤を販売することが認められていたためです。

2005年の1月からは法改正が行われましたが、それ以前に対するジェネリック医薬品はそのまま発売されても問題はないため、現在でもバイアグラジェネリックを始め他のED治療薬のEDジェネリックも多数存在しております。

ちなみに日本も昔はインドのような特許でしたが、1976年に物質特許が認められるように法改正されました。

インドのバイアグラジェネリック

ジェネリック大国のインドではバイアグラジェネリックもたくさん存在しております。

ジェネリックの特長である、形や飲み方が違うものもあり、薬剤も安く購入することができます。

特に海外のバイアグラジェネリックといえばこれと言われるカマグラシリーズもインドのアジャンタファーマ社のバイアグラジェネリックとなっております。

カマグラはシリーズ化されており、通常の錠剤のものから、錠剤を水に発砲させて飲むタイプ、ゼリー状のタイプ、トローチタイプとバラエティに富んでおります。

また、早漏改善薬の成分を配合したスーパーカマグラもあり、EDだけではなく早漏も合わせて改善できる無双バイアグラジェネリックも存在しております。

また、有効成分の含量も「100㎎」まで存在しているため、「50㎎」で満足できない方や「100㎎」を割って使用しコストパフォーマンスを上げたい方にはオススメでもあります。

購入方法

海外製のバイアグラジェネリック医薬品は日本では基本的に販売されていないため、海外からインターネットなどの個人輸入代行サイトから個人輸入することとなります。

医薬品の個人輸入は自分自身に使用する目的であれば違法ではなく購入することが可能ですが、海外の業者を挟むため、事故などコピー商品を掴まされても自己責任となります。

また他人や家族などに譲渡したり、販売したりすることは違法となります。

また、医薬品の購入量も定められているため大量購入もできません。

購入方法は海外サイトから自分でやり取りして、直接購入するか、日本のインアーネットで個人輸入通販代理サイトを利用して購入することとなります。

海外品のため偽物や薬剤の未到着など昔は多く存在していたようですが、現在では正規品保障を行いメール対応できる安心な通販代理サイトもありますのでそういったサイトであれば問題なく購入することが可能です。

ページのトップへ戻る