バイアグラと上手に付き合う方法

特許満了によるジェネリックの販売開始

ジェネリックとは

ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは新薬と同じ有効成分で構成され、同じ用法・用量で製造されるお薬となります。

そのため、治療に対する有効性は新薬と同じとなります。

形や色、服用の仕方などは新薬と異なるものもあり、飲みやすく工夫されているジェネリックもあります。

新薬の開発には特許が設けてあり、日本ではおよそ20年となっております。

特許期間は新薬の研究・開発するためにかかってしまった、コストを回収するために設置されており、20年という歳月は新薬に対する研究・開発には莫大なコストがかかっているということがわかります。

ジェネリック医薬品の特長として一番に挙げられるのが薬剤の安さではないでしょうか。

開発コストが安くすむため、新薬よりも安く購入することができ患者さんの経済的負担のよくせいにも繋がります。

国もジェネリック医薬品を推奨しており、今後ますますジェネリック医薬品が世間に広まっていくことになるはずです。

バイアグラの特許

1999年に日本で認可され製販売を開始したED治療薬のバイアグラですが、2014年に特許が満了したということで、日本でも特許の制約がなくなり、日本の製薬会社も多数のバイアグラジェネリックを製造・販売しております。

通常の医薬品の特許期間である20年より短かったこととなります。

現在日本で認可されているED治療薬はレビトラとシアリスがあり、今後、この2つのED治療薬もさまざまな製薬会社からジェネリック医薬品が登場することになると思われます。

ジェネリック医薬品の名称は一般名を使用することが義務付けられており、だいたいは有効成分や商品名から何文字かを取って名前を付けられています。

バイアグラはファイザー社の商標名ですので他の製薬会社は使用することができません。

のため、バイアグラの一般名称は有効成分であるシルデナフィルとなっており、バイアグラジェネリックの名称はシルデナフィルという名称を使用することとなります。

各製薬会社のジェネリックの名称を共通させることで、医師による薬剤の間違えの抑制にも繋がっております。

日本製バイアグラジェネリック

日本製で製造、販売背れているバイアグラのジェネリック医薬品は数十社にも上り、それぞれの製薬会社で製造・販売されております。

一番特長があるのが東和薬品のOD錠ではないでしょうか。

「50㎎」タイプとなっており、錠剤の真ん中に割線があるため割って含量を調節して使用することも可能です。

また、OD錠という特長から、水なしで服用することができ、ラムネのような感覚で口の中で溶かすまたは噛んで服用することとなります。

レモン味とコーヒー味とあるのも服用しやすいのではないでしょうか。

バイアグラジェネリックの登場により価格でハンデを持つ新薬のバイアグラの売り上げは落ちてきており、製造するファイザー社も頭を抱えておりましたが、ついに2016年にファイザー社もバイアグラジェネリックの発売を開始しました。

錠剤ではなくフォルムタイプとなっており、水なしで服用できることと携帯性に便利のことから今後のファイザー社の巻き返しが期待されます。

ページのトップへ戻る