バイアグラと上手に付き合う方法

勃起や併発する病気への改善

食事療法

EDを改善させるためにはバイアグラだけでなく食事療法も重要となります。

体に活力を与え、ホルモンを増加し併発する疾病を改善する栄養を摂取することを心がけることでバイアグラの効果を高めいずれEDも改善できるはずです。

EDを改善させる重要な栄養素はカキや赤身肉などに多く含まれる「亜鉛」は性機能の改善やホルモン減少の抑制を行い、魚介類に多い「タウリン」は肝機能を高め動脈硬化や高血圧を予防します。

血行をよくする「アルギニン」は豆類に多く含有しており、ネバネバ食材に多い「ムチン」も血液をサラサラにさせます。

糖尿病の方などは先にサラダなどを食べることで血糖値の上昇を抑えますので意識して食事を摂取しましょう。

運動療法

運動もEDには欠かせない治療法となります。

運動を行うことで代謝がよくなりホルモンの活性に繋がります。

また、ダイエットにも繋がり生活習慣病の改善に大きく作用します。

運動による適度な疲労は自律神経を安定させるための睡眠をより深く眠ることになるでしょう。

また、骨盤底筋群は勃起の持続力に大きく関わっており、骨盤底筋群の衰えは勃起に必要な血液を維持することができず体内に戻してしまう恐れがあります。

鍛えるのに有効なのはスクワットなどがですので少しずつ行うようにしましょう。

それでもだめなら

バイアグラと併用することが禁忌なお薬を使用中や病気によりバイアグラを服用できない方には他の治療方法でEDを改善させることとなります。

食事療法や運動療法で改善させることが一番ですが、強制的に勃起をさせる方法があります。

それはICI治療と呼ばれる方法でペニスに直接注射することで強制勃起させることができます。

ED改善率は98%とED患者の最期の砦となっておりますう。注射後10分ほどで勃起し3時間ほど勃起を持続します。

射精後も勃起は続きますので連続での性行為も可能です。

しかし、自由診療のため治療費が高く、1回あたり1万円ほどと経済的負担が大きいことがネックとなります。

ページのトップへ戻る