バイアグラと上手に付き合う方法

さまざまな原因があるED

EDとは

EDとは満足に性行為を行えない状態のことで、勃起不全とも呼ばれます。

昔よく言われたインポテンツも同じこととなります。

全く勃起しない状態から途中で萎えてしまう中折れまであり、一番多い症状が中折れとなっております。

通常、ペニスに触れられたり、女性の裸をみるなど性的な刺激を脳が感じ取ると脳は興奮しペニスへ勃起指令を出します。

勃起指令は神経を通りペニスへ伝わるとペニスは多量の血液を受け取る準備をするためにペニス周辺の血管を拡張させ、血流を促進させます。

それにより多量の血液がペニスへ送り込まれ勃起します。

しかし、勃起指令の伝達がうまく伝わらなかったり血管の拡張に問題があるとペニスが勃起するのに十分な血液が送り込まれなくなり中折れや全く勃起しない状態となってしまいます。

EDの原因

EDの原因は主に血管や神経などに傷害があっておこるED、職場や仕事などのストレスが原因で起こる心因性ED、服用している薬剤が影響する薬剤性EDなどがあります。

器質性EDの場合は加齢や生活が悪化する事がEDの主な原因で、動脈硬化などを発症すること血管が拡張しないことででなりやすいEDとなります。

心因性EDの場合、過去の性行為の失敗によるトラウマや仕事や日常生活のストレスにより勃起指令がペニスにまでうまく伝わらなくなってしまうことで起こるEDです。

薬剤性EDの場合、治療中の病気へのお薬の成分の副作用として起こるEDで抗うつ薬や降圧剤などが起こりやすい薬剤となっております。

このようにEDの原因は身体のどこかに異常をきたすことが発症する病気となります。

EDは万病の元

EDの原因は身体にどこかに異常をきたすことで起こりますので、EDだけではなく他の病気への心配が危惧されます。

特に生活習慣病の影響は大きく、糖尿病や高血圧、高脂血症を発症している方のED併発率は60%以上と言われております。

うつ病の方も2倍以上EDになりやすい報告もあります。

このようにEDは他の病気の合併症の病気でもあり、もし他の病気の自覚症状がなくEDとなってしまった場合は必ず血液検査や問診などを行い、他の病気がないか調べるようにしましょう。

EDを自覚しているにも関わらず病院へ行かれている方はほんの数%しかおりません。

またEDの症状発覚以外でも様々な病気には早期診断が友好的ですので、定期的に受診をしましょう。

ページのトップへ戻る